今年最後の突貫工事・・・

0

    年内納品を目指していましたが、遅れに遅れ、休日返上して完成しました。

    納品は慣らしが終わってからになります。(自分が楽しみたい)

     

    制振リングの効果はどれだけ???個人的にはこれだけが唯一最大の心配毎でも有り、興味を引かれる内容です。

    今回の依頼は、依頼元の予算の都合で、出来合いの箱を改造する事に、しかし、出来上がった物を加工修正するのは、ゼロから作るのとは違う意味で、大仕事になります。

     

    ウーファー箱は容量的にチョッと厳しい?かも、なのでバッフル板は18mmバーチ材とした上で、更に補強、箱内側全面の板材表面処理を行う事にしました。箱内側の処理に5Kgのクロロプレーンゴム溶液を流した上硬化させて、吸音材を貼り付けました。匂いには泣かされました、頭痛と目への刺激はどうなるかと思いましたが、外観からは見えませんがその出来ばえには、大いに満足です。(自分を褒めたい気分です)

    DSCF1193.JPG

    制振リングを着ける事で、ユニット最外周の直径は36cmになり、重量は10Kg程アップ、フロントバッフル板にはユニットと、制振リングが固定されるとフロントバッフル単独重量はざっと30Kgに・・・大きさからこの重さは想像が出来ないです。

    ウーファーの下の黒くて丸い物は、今では殆ど忘れ去られたスキャンスピークの”アペリオディックベント”です。

     

    DSCF1194.JPG

    ミッドレンジにも同様に制振リングを着けています(直径は20cm)。ミッドレンジも独立箱なので、位相合わせには箱の前後位置で微調整です、その姿はその昔のテクニクスのスピーカーのごとくに成りました。

    ミッドレンジ用の18cmユニットを完全密閉型の10リットルにも満たない箱に入れています、板材は全て18mmのバーチ材で、キットとして販売された物の前後のバッフルを新規に作り直したものです。

     

    このスキャンスピークの18cmミッドレンジは、単独でも60Hz位から使えるので、人の声の帯域はこの一発だけで使いたいという私の希望で選択したのですが、大正解でした。

    フルレンジユニットの上下を補完する様なものですが、ユニットの選択ミスや、同一バッフル板上での、配置上の干渉と言った失敗が、在り得ない方法だと思いますが、どうしてもユニットが大きくなるのは仕方ありません。

    でも、上の領域は流石に厳しいので、店のリボントゥーイーターを使ってハイエンドを任せました。(ご注文はミッドまでの2Wayで、トゥーイーターは顧客側で既に用意済み)

     

    デジタルチャンディバで最適クロスポイントを探してみましたが、とってもラフに繋いでもヘッチャラで鳴ります。声の帯域までウーファーには任せたくないので、暫定的クロス周波数は300Hzで試験慣らし運転開始です。

     

    スキャンスピークとオーディオテクノロジーの組み合わせはTAOCのハイエンドシステムにも在ります。そのシステムに使われている制振リングに刺激され真似て作ったのですが、ユニットのサイズが1ランクアップしたか?の様な鳴りっぷりになります。

     

     

    今年の店舗ブログは、これで終わりになります。

     

    今年は5月に家内が脳梗塞を発症、11月に退院、その結果、自分は主婦業も兼任となり、正直、疲れているのは事実です。しかし、口には出さないけど、家内が一番つらい事は判っています。

    判っていてもつい、本人を目の前にして愚痴ってしまいますが、一度発した言葉はそのまま相手に届いてしまい、暗く重い空気が漂う事が日増しに増えてきました。

    自分が何時までこの環境に耐えれるかは判りません、一生耐えるしかないのですが、今は自信がありません。

     

    皆さんにとって、来年が良い年で在らん事を!   

     

     

     


    | 1/203PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Victor TT-81 フォノモーター修理
      YBN岡山 (12/25)
    • Victor TT-81 フォノモーター修理
      atsu (12/25)
    • やっと直ったけど、、、同業者としては情けない・・・・・
      神戸A (12/22)
    • やっと直ったけど、、、同業者としては情けない・・・・・
      YBN岡山 (12/19)
    • やっと直ったけど、、、同業者としては情けない・・・・・
      神戸A (12/19)
    • ZメカとZ1無帰還アンプモジュール
      YBN岡山 (12/18)
    • ZメカとZ1無帰還アンプモジュール
      竹村 (12/18)
    • ZメカとZ1無帰還アンプモジュール
      菅野昭義 (12/18)
    • ビックリしました、B&O Beolab 6000の音
      中島清一 (12/03)
    • FOSTEXチャンネルディバイダーを解析(雑誌付録版)
      きち (11/20)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM